マキタの刈り払い機。ギアケースを分解することによって、外れなくなったナットをつけ直し修理完了。

広告



マキタの刈り払い機のギアケースを分解、外れなくなったナットをつけ直し修理完了。

 

マキタ刈り払い機の「回転する軸に止めたナット」が取り外せなくなるという凡ミス。

 

 

草刈り機の刃をチップソーから、ナイロンコードに交換しようと交換作業。部品をつけ忘れてナットが外れなくなった。

 

ギアケースを取り外すことで、すぐに修理完了しました。

 

 

作業難易度は、1。

 

ネットの情報で、修理のヒントを得た。

 

今回の修理は。

単純に回転する軸を動かないようにすればいい。

 

どの部分を分解するか?

草刈り機の構造をネット、図と動画で調べたところ。

おそらく、刈り払い機の回転軸は。

「刃の側とエンジン側」の2カ所分解できる。

 

今回の場合は、刃の側のギアケースを取り外せれば。

 

 

あとは、軸が回転しないように。

ギアの部分を何かで固定すれば、ナットを回すことができるはず。

 

エンジン側だと手が届かないから。

選択したのは、刃のついているギアケース側。

 

草刈機のギアケースは、付属の道具、六角で簡単に分解可能。

 

 

草刈り機本体に付属の道具。

六角を使って。

2本のネジを回してとると、ギアケースが取り外せる。

 

 

 

2カ所のうち上の六角ネジ。

さおに直接固定する部分が。

思ったよりも、かたく締まっていて。

数回すっぽ抜ける。

ネジ山をなめてしまうのでは?と少し不安になったことくらいが。

今回の難しい作業。

 

予想以上に簡単に分解可能で。

修理も一瞬。

 

 

ギアにマイナスドライバーをさして固定。

外れなかったナットを回すだけ。

力もほとんどいらなかった。

 

刃の部分「部品のつけ忘れ」は。

ネジが回せれば、簡単に修理ができるレベル。

 

修理後、草刈り作業も順調。

普通にできました。

広告