フェイク食材にハマってる。今日の夕食は、贅沢に「ふぐ刺し」代替品のコンニャク。

広告



今日の夕食は、贅沢に「ふぐ刺し」の代替品コンニャク。

 

「こんにゃくふぐ刺し」という製品を買ってみました。

 

「蒟蒻玉の栽培」をやってみたくなった。

 

 

こんにゃくの栽培をやってみたくなってきたのは。

この製品を見たからと。

 

こんにゃく栽培の産地。

 

実は、このあたりの地域では。

こんにゃく栽培の産地。

 

なぜか?大々的な産地ではないけど。

栽培ができる地域で、一般家庭で手作りこんにゃく。

蒟蒻玉を栽培して、食用の「こんにゃく」を作っている人もいる。

育てているのを見たことは、ない。

 

ただ、何度か。

数件の「手作りこんにゃく」を食べさせてもらったことがあって。

食感がぜんぜん違う。

間違いなく美味しいです。

 

こんにゃく作りを誘われたこともあって。

でも、すりおろすこんにゃくは。

手に触れると「手がかゆくなる」といわれたので。

かゆいの「やだなー」と思って、そのまま話し、時が流れたのだけど。

 

食べ過ぎてお腹を壊した経験があるので。それ以来、食べるのを敬遠していた。

 

そして以前、腹持ちするからと。

スーパーのこんにゃくを、毎日、数日間食べてたら。

お腹が重くなって。

ヘルシーな食材といわれているけど。

これは日常食ではない。

 

それ以来食べるのを敬遠していた。

 

この「こんにゃくふぐ刺し」という製品を見て、思い出した。

そういえば、こんにゃくが、好きでした。

 

味は、「こんにゃく」ですね。

 

冷やした「こんにゃくふぐ刺し」。

封を開けて、水洗い。

ザルなどで水気を切ってお皿に盛り付け。

 

 

「ふぐ刺し」もそんなに食べたことがないけど。

だからそれと味の比較はできないけれど。

これは完全に「こんにゃくの味」。

たぶん食感もフグではない。

 

付属のタレ。

「もみじおろし」で雰囲気は味わえるかも。

 

同じメーカーから「イカそうめん」バージョンもあって。

次は、それも食べてみたい。

 

こんにゃく栽培には、3年くらいくらいかかるらしい。

 

確かこんにゃくは、加工施設の許認可がいらない。

 

こんにゃくがあれば。

育てて製品になれば。

 

みそ田楽。

煮物、玉こんにゃく。

焼いてステーキ。

麺や、刺身でも。

 

ヘルシー食材だし。

工夫によっては、いろいろな代替食品として。

まだ可能性を感じる。

 

ナタデココっぽいし。

黒蜜をかければ、葛切り。

スイーツにも使えそうな気もする。

 

蒟蒻玉の栽培を視野に入れて。

情報も集めている。

広告