お風呂の鏡の掃除に100円ショップの「ダイヤモンド ウロコとり」を使ってみた。効果は残念な結果に。

広告



お風呂の鏡の掃除に100円ショップの「ダイヤモンド ウロコとり」を使ってみた。

 

 

お風呂に鏡は、必要なの?

 

100円ショップで買った「ダイヤモンドウロコとり」。使った効果は、残念な結果に。

 

少しずつ。

身の回りの清掃。

今回は、お風呂の鏡を磨いてみることに。

 

もともと浴室の鏡は。

そんなに汚れているようにはみえない。

風呂を使ったあとは、鏡、壁、床。

ワイパーで「水分の除去」だけは日課としているので。

 

とはいっても。

先日使ったクルマ用の「ガラスのウロコ、油膜とり」が素晴らしく。

 

 

車のフロントガラスがめちゃくちゃ綺麗に!「窓ガラスクリーナー 窓ガラス用水アカとりパッド」を使ってみました。

 

100円ショップで似たような商品をみかけて。

ちょっと磨いてみようかと購入。

 

お風呂内、全体は。

そのうち高圧洗浄機で大掃除をしようと思っている。

 

 

まずは、小さい、細かいところをキレイにしてみるつもり。

 

説明書が、ぜんぜん読めない。

 

説明書の文字が細かすぎて。

コンタクトをした状態。

お店では読めない。

 

 

家に帰って、裸眼でなら読める。

鏡の汚れの前に。

「コンタクトの度数」を落とそうかな。

 

「ダイヤモンドウロコとり」の使い方。

 

使い方としては。

 

  1. 鏡の表面のホコリ、砂などを洗い流す。
  2. 鏡と研磨シートを水で濡らしてこする。
  3. 水で洗い流して、きれいな布で拭き取る。
  4. 一度で落としきれない場合は、1から3を繰り返す。

 

ただし、汚れの種類や条件によって落ちないということ。

 

お風呂に鏡は、必要なのか?

 

この「ダイヤモンドウロコとり」を使ってウチの鏡を磨いてみた結果。

きれいになったのか?

効果がまったくわからない。

磨いても落ちない汚れもあるし。

 

ウチの鏡の場合は。

落ちない汚れ、種類や条件だったということ。

 

シャワー、風呂を使っている状態では。

曇っているし。

 

そういえば、今まで鏡は使っていない。

気にしていなかった。

お風呂に鏡は必要なのか?ということに気づいた。

 

お風呂の鏡、取りはずそうかな。

広告