オクラの実がつき始めました。ちびっこオクラを収穫して食べたら、やっぱり美味しい。

広告



オクラの実がつき始めました。

 

晴れが続いて急に大きくなったオクラ。

 

 

数日前から、ちらほら花が咲いていて。

そろそろ実がつく、収穫ができそうと様子見。

花が咲いて落ちると。

 

 

これが急に大きくなる。

 

「ちびっこオクラ」をとって食べる。

 

 

3センチ程度の「ちびっこオクラ」を収穫。

この品種は、クレムゾンスパインレスオクラ。

 

メインで栽培しようとしていた別の品種のオクラは、発芽率は30%程度でよくなかった。

それに比べて、この「クレムゾンスパインレスオクラ」は。

遅れて種まきをしたにも関わらず生育も、発芽状況もよかった。

結果、収穫もこちらの「クレムゾンスパインレスオクラ」がメインになりそう。

 

試しに採った「ちびっこオクラ」。

 

 

このまま、生でも食べられるけど。

数秒茹でて。

久しぶりに自分が栽培したオクラを食べた。

やはりこの味。

普通に売っているものとは、まったく違う。

 

ウチの野菜、畑は、色が緑が薄い、淡い色。

 

そして、「近所の人が育てているオクラとウチのオクラ」。

葉っぱの色を見比べると。

やはりウチの野菜。

畑は、色が緑が薄い、淡い色。

これが肥料分のない野菜、自然栽培の特徴なのだろう。

 

そして、一口サイズのちびっこ野菜。

集めて売るのも面白いかも。

 

 

ただ、手間がかかるので、高額になる。

広告