「 マンガで入門! 会社の数字が面白いほどわかる本」読み終わりました。サラリーマン時代に実務経験していたこと。懐かしい。

広告



「 マンガで入門! 会社の数字が面白いほどわかる本」読み終わりました。

 

 

created by Rinker
¥1,540 (2020/09/30 10:36:38時点 Amazon調べ-詳細)

 

マンガで勉強。

 

「会社の数字」とはどういうことなんだろう?

 

農業の法人化に向けての勉強として。

「会社の数字」を理解する。

 

経理に関して細かいことや。

財務諸表は、みてもわからない。

 

とりあえず、財務諸表に関しては。

次に読む本、としてすでに入手している。

 

これも、またマンガ。

 

 

created by Rinker
毎日新聞出版
¥1,650 (2020/09/30 10:36:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

サラリーマン時代に会社の数字を扱う実務経験をしていた。

 

20年以上前、サラリーマン時代。

今考えると、恵まれていて。

いろいろな経験をさせてもらった。

 

当時、何もわからないまま経験していたことが。

今になって生きている。

経験したすべてが現在、未来への準備だった。

 

なお、その当時から具体的なイメージはしていなかったとしても。

「将来的に農業をやる」と思っていた。

 

勤めていたのは製造、販売、メンテナンス、工事をするメーカーで。

農業機械も作っていて。

 

営業、修理、事務作業、営業企画や管理。

インターネットは出始めで、まだLANのパソコンだったけど。

社内のシステム管理、勉強もここで。

 

「工場で製造した製品の原価から会社全体の数字まで」。

細かく理解はしていなかったけど。

 

みていた。

まさに「会社の数字」を実体験していたわけです。

 

このマンガ、本を読んで。

その当時の記憶がよみがえる。

 

学校を卒業して1年目。

営業所勤務、営業の仕事のときに。

本社経理部門の人に。

 

「営業は、モノを売るだけではなく。お金を回収するのも、あんたの仕事」。

 

「営業は、モノを売るだけではなく。お金を回収するのも、あんたの仕事」。

経理の人からいわれて。

お金に関しては、経理が回収、担当なのでは?

 

会社は、商品が売れただけではダメで資金繰り。

お金を回収、することによってまわっていく。

会社が経営されていることが。

当時、すぐには理解できず。

 

「経理の人って冷たいなぁ」って思った。

実際は、みんなすごく優しくていい会社でした。

 

created by Rinker
¥1,540 (2020/09/30 10:36:38時点 Amazon調べ-詳細)

広告