今年2020年もホップが復活してきました。結局、去年も肝心のいわゆるホップ「毬花」は出なかった。

広告



今年2020年も、ホップが復活してきました。

 

 

宿根草のホップ。

冬場には枯れて、暖かくなってから葉が出てくるサイクル。

今年も無事に葉っぱが出てきました。

復活するのは嬉しいことです。

 

去年も肝心のいわゆるホップ「毬花」は出なかった。

 

数年前にタネをまいて、植えた苗。

一度も肝心のホップ。

毬花が出てこない。

 

植えてあるとはいえ。

そこまでしっかり管理をしていないのが原因だろう。

 

畑に植えると。

草に埋もれてどこにあるのかわからなく恐れがあるので。

家の前、芝生のような草の中に植えたのが数年前。

この場所の選定も成長、生育条件としては良くない気がする。

とはいえ。

毎年、復活する姿を確認できる点では、正解だった。

 

今年の成長、勢いが例年とは違う。

 

「期待値を込めて」の感覚かもしれないけど。

今年のホップは、今までとは勢いが違う。

 

 

現在、支柱は立てていない。

地面に這っている状態。

 

近くに紅葉の木があるので。

そこに向けてヒモを結んで。

ツルを這わせようかと思っている。

 

もし、今シーズンも毬花ができなければ。

この場所では栽培は無理。

根っこを掘り出し。

育つ可能性のある環境、別の場所に植え替える予定。

広告