エンジン不調のマツダのアクセラ。待望のチェックランプが点灯。ちなみに自分で確認しようとした点火プラグは、外せませんでした。

広告



エンジン不調のマツダのアクセラ。待望のチェックランプが点灯しました。

 

数日前からノッキングするクルマ。

 

ウチのアクセラスポーツ。マニュアル車がノッキング。オイルが減っていたせいではないとのことで。

 

アドバイスをもらって。

イグニッションコイルのテストをしてみましたが。原因はここでもないらしい。

 

 

そして、次に自分で確認しようとした点火プラグ。

イグニッションコイルを外した先、奥にあるのだけど。

硬くて、外せませんでした。

無理をして回してあとで面倒なことになっても嫌なので。

確認はせず。

 

待望のチェックランプが点灯。

 

 

クルマ屋さんによると。

チェックランプが点灯しないと。

異常の診断ができないということなので。

 

パワーがないし、走りが気持ち悪い感じだけど。

ランプの点灯を待ちながら。

数日間クルマを使用。

 

そして、やっとランプが点灯。

 

このランプは、エンジン警告灯。

 

以前にも見たことがあるこの警告灯、このマーク。

マニュアルをみると。

エンジン警告灯。

 

 

前回点灯した原因は。

空気量を調整、計測するエアフローセンサーが故障、交換。

 

今回の不調の原因は、なんでしょう?

プラグの交換、程度で済めばいいのですが。

広告