トマトと唐辛子の苗をポットに移植。この作業も効率化できる方法を考えなくてはいけない。

広告



トマトと唐辛子の苗をポットに移植しました。

 

育苗に使う土は、畑から取ってきます。

 

 

この作業を効率化できないかな。

 

現段階の作物を育てる方法、考え方。

 

育苗については。

やはり特別な土、栄養分は必要なくて。

ただのタネをまく土台として。

鹿沼土が最適。

 

細かいタネ(ハーブ類が主)をまくための用土には、一番目の細かい鹿沼土を使うことにするテスト。

鹿沼土にまいたキュウリ。「新夏秋地這キュウリ」のタネ。発芽率100パーセント。

 

でも、発芽の後は。

水分、水だけでなく。

土に含まれている何らかの成分。

栄養なのか?何かしらの力が必要。

それと、根っこが混み合うのをさける目的のため。

 

 

ポットに移植する。

 

 

問題は、ポットに使う土。

 

育苗ポットに使うための土は、畑の土。

 

 

土を拾ってくる。

 

できれば植え付ける場所の土を使えれば最高なのだけど。

今は、取りやすい場所から土を掘って使っている。

それも、一ヶ所を深く掘るのではなくて、表土を。

そうしないと畑が穴だらけになってしまうし。

 

苗も最終的に植えつけられる場所。

環境の近い土の方が違和感なく、適応するはずから。

 

買ってきた樹木の苗など。

植えつけてしばらくすると。

葉っぱを落とし始めたりするケースもよくあって。

 

カシス、ブラックカラントの苗木を2本購入しました。挿し木で増やそうかと思ってる。

 

それは、植えつけられた土地、土に根っこが。

拒否反応しているのだと思ってる。

 

この時期草が一気に生えてきて。

草を取りながら、そこから土を拾っていく作業。

雨の日は土が重くてダメなので、天気を見計らって。

作業する体勢、姿勢も良くない。

だから余計に時間もかかる。

 

この効率の悪い作業も改善。

効率化できる方法を考えなくてはいけない。

広告