ブドウの植え付け終わりました!篠竹の根っこを掘り出す作業は、かなりキツかった。

広告



ブドウの植え付け作業が終わりました。

 

 

ずっとやりたかったブドウの栽培が始まります。

 

注文していたブドウの苗木が届きました!醸造用、ワインにする目的。

 

ブドウを植える土地の開墾作業を終えて。

植え付ける時期がやってきました。

 

 

まずは、この場所でブドウが育つか?のテスト栽培。

使い道としての理想はあっても、肝心の作物が育たなければ。

その先に進めない。

 

おまけにブドウができたとしても。

まだハードル。

クリアしなければいけないことが、たくさんあるのですが。

 

苗木の本数はそんなに多くはない。

でも、栽培テストとしては。

この程度の本数を植えれば判断ができるとのこと。

 

 

仮植え。

保管しておいた苗木が生きていて。

 

 

芽を出すのだから。

 

 

未来は明るい。

 

篠竹の根っこを掘り出す作業で音を上げる。

 

 

順調に植え付けを進めていたところ。

もともと篠竹が群生、生えていたエリアへ。

 

 

一度トラクターで耕起したのですが。

 

 

篠竹は、全然とれてない。

 

 

根っこが全く掘れていない。

 

 

なので手作業で根っこを掘り出す作業開始。

 

 

トラクターの力が効かないのなら。

人力はもっと大変。

硬い根っこが縦横無尽。

上下左右に層をなして残っている。

 

さすがに手がプルプル。

足がガクガク。

手で引っ張ればトゲが刺さるし。

もちろん引っ張っても、そう簡単に取れるはずもない。

 

力を前方に入れると。

急に根っこが切れて。

クワの柄がアゴに激突。

 

体力が弱ったところに。

振ったクワの柄が。

足に衝突。

 

もうこの作業はやりたくない。

まさに(ネ)音を上げる、ですが。

とりあえず植え付ける作業は終わりました。

 

キーボードを打つ手が重い。

 

ブドウの栽培。

この先が楽しみ!

そんな気持ちはどこかへ消えて。

 

今後は、この重作業、重労働はもうやらなくて済む!

とりあえず終えた!という開放感。

 

でも、こういう体験、経験が。

新しいものを作る。

農業?の面白いところでもある。

 

そして、効率化は必要だけど。

楽をしていいものは作れない、と思っている。

広告