除草の作業道具。「けずっ太郎」を使ってみた。初期段階の除草ならコレは便利。スギナも100倍は早く切れた。

広告



除草の作業道具。「けずっ太郎」を使ってみました。

 

 

除草作業の道具。「けずっ太郎」。

 

草の成長が旺盛になるこれからの時期。これで除草作業の効率化、省力化ができるか?

そういうわけで買った除草用、農作業の道具。

コレが、「けずっ太郎」。

 

 

 

使うのは、2回目です。

 

そろそろ畑にスギナも生えてきた。

 

ツクシはみんな好きなのに。

草になって出てくると嫌われるスギナ。

 

 

畑に出てきたスギナを完全に取ることは、無理。

本当の根っこは、地中深くにある地下茎。

上の緑の部分を切っても、根っこを切っても復活。

どこから出てくるのかはわからず(ウチの畑の場合は、全面に出てくる)。

 

個人的な感覚としては。

スギナは作物の栽培、生育にそれほど悪影響にはならない。

ただ、根っこが作物の形を形成する邪魔をしたり。

スギナが生えているために。

次に生えてくる強い草の状況が見えず。

その強い草の対処、対応が遅れる、できなくなる。

 

だからとりあえず、初期除草。

けずっ太郎を使ってみる。

 

 

初期段階の除草ならコレは便利。スギナも切れた。

 

耕作放棄地や。

草が密に生えているところでの除草には、不向き。

ある程度、土がむき出しの場所。

管理されている土地の初期除草。

土を引っ掻く感じ。

 

 

20センチくらいの間隔での。

細かいところも作業ができる。

 

 

どうせやっても生えてくるけど。

このスギナを。

 

 

 

ガリガリする。

 

今までは、しゃがんでノコギリ鎌でやっていた作業。

100倍は早い。

 

created by Rinker
ドウカン
¥1,245 (2020/11/29 10:43:34時点 Amazon調べ-詳細)

広告