梅の木の剪定。わりとうまく切れている、と自画自賛。

広告



梅の木の剪定中。

 

 

梅の剪定。残りは、難易度の高い10本程度。

 

12月になったのを待って、梅の木の剪定を始めました。

今日で4日目。

初日よりは慣れて、スピードもアップ。

 

梅の木が全部で何本あるのか?

まだ把握できていない。

切った本数を、数えていたけど途中からわからなくなった。

 

残りは、難易度の高い10本程度。

あと2日で、最悪3日で終える。

その後に柿とユズの剪定。

 

木の剪定をしていると、頭が枝に引っかかる。

 

木の剪定をしていて嫌なこと。

頭に巻いたタオルが枝に、引っかかって取れる。

それならタオルをしないでの作業は。

髪の毛が枝に引っかかる。

ヘルメットだと枝が跳ねて、顔にあたりそうだし。

正式な服装は何がいいのだろう?

 

梅の木は、芸術的。

 

梅に限らず樹木は、姿がいい。

その中でも特に、梅の木は、安藤広重とか、ゴッホの絵を思い浮かべる。

別格な樹木。

 

 

わりとうまく切れている、と自画自賛。

浮世絵、絵画のような畑。

 

来年無事に梅の実がなることを願って。

そして、うまくいくかは、未知数だけど。

来年の梅の実の販売、早期のご予約受付中です。

広告