木の幹についているコケ。ガリガリ削っていいのかな?

広告



木の幹についているコケ。ガリガリ削っていいのかな?

 

梅の木のある畑に草刈りに行きました。

 

今回の草刈りは、ハンマーナイフモアで。

この機械ハンマーナイフモアを軽トラックに乗せて。

 

 

軽トラックにハンマーナイフモアを積み込む作業は。

梯子をかける位置もわかって。

だいぶ慣れた、上手くなった。

 

ただ、畑に行くまでの坂道の走行や。

クルマの発進、停止での不安。

こういった積載した機械は、ロープで縛っても前後に多少動くのは仕方がない?

それくらいは許容範囲なのかな?

 

近い畑ならまだいいけど。

30キロほど、遠い常陸大宮市までの走行。

道中は、まだ不慣れです。

 

あいかわらずのイノシシ被害。

 

前回この樹木のある畑に行ったのは、数週間前。

そのときよりも、イノシシの被害が広がっている。

 

 

もともと、この畑は、きれいにトタンで獣害対策。

防護柵がまわしてある。

でも、侵入されているのは。

その防護の効果がない証拠。

上から入られている。

 

木に付着しているコケ。

 

来年は、この畑で作物の収穫、収益を上げる。

その目的のため、樹の状況の確認。

現場の下見と草刈り。

 

 

木の肌にコケ?

以前、植木屋さんが言っていた。

「これは取り除いたほうがいい。」

 

これがあると、木。

幹や枝には、直接光と温度が当たらない。

逆に考えると。

冬場は、これがあったほうが保温効果があっていいのかな、とは思うけど。

除去することにする。

 

手でこすっても取れないので。

剪定バサミでガリガリやってみたけど。

コケを取るのと一緒に多少。

木の肌も傷つける可能性。

樹に悪影響があるのでは?

 

なるべく樹を傷つけず、コケを取る方法。

いい方法がないかな?と考える。

広告