自然栽培の野菜。直売所に野菜を出してもあまり売れないので。次の作戦。

広告



直売所に野菜を出してもあまり売れないので。次の作戦をたてる。

 

少しずつ、近所の直売所へ出荷を始めました。

 

販売先の一つとして。近所の直売所を活用しようと思う。

 

野菜、商品を直売所に出荷し始めました。

商品の売れ筋、売れ行き、お店の状況。

様子を見ながら少しづつ数種類を販売。

 

あまり売れないものは、出荷しないことにした。

販売で、売れ残るのは仕方ない。

 

自然栽培、無肥料栽培という栽培方法、農法自体は。

このお店では感覚的に、売り文句にはなっていない様子。

周りで売られている一般的な野菜と、同列。

まだオーガニック系の食べ物は認知、そこまで人気はないのかもしれない。

 

売れない理由を他に転嫁、人のせいにしても仕方がない。

 

商品が売れないのは、自分のせい。

 

値段を高く設定しているのは、わざと。

値段の差、それだけではなく。

 

ウチの商品野菜が、他の物に比べても普通のパッケージ、見た目。

見た目の面白さ、美味しさがないので、埋もれてしまっている。

やっぱりシズル感が欲しい。

 

商品が雑に扱われているのは、気になる。

 

直売所での商品の扱いが、雑。

他の人が出荷した商品と分けるため。

箱に入れてオリジナルのスペース。

販売する野菜のパッケージ、ビニール袋。デコってみる。

ポップを貼っての販売テスト。

 

後日、直売所を見に行くと。

他の人の商品が混ざって、乱雑。

商品がごちゃまぜ。

自分のコーナーが消えている。

直売所では、これが現状。

 

もしそうなっても。

自分の商品であるということを、さらにアピール。

美味しそうな見た目で差別化、目立つ。

売るためには、もっと工夫が必要。

 

 

現在この直売所では、他の人が売っていないもの。

パクチーとルッコラだけを出荷しています。

 

近所の直売所では売れないその他ほとんどの野菜。

これらを効率的に販売する方法も模索中。

販売チャネルを増やす。

オリジナルの直売所をどこかに設けるのも段階的にテストしたい。

 

無肥料自然栽培での野菜栽培。

売ることに頭を悩ませている状況。

だいぶ経験、進歩、感覚をつかんだという証拠。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。