トウガラシらしき野菜が、こぼれた種で自生しているのを発見。

広告



トウガラシのような野菜。昨年収穫した実からこぼれた種で自生していました。

 

荷物置き場に自生した野菜。

 

前年収穫したトウガラシ系の野菜。

 

この株を見ただけ。

実がついていない株では、品種が何か?は判断できない。

 

品種はわからないけど。

間違いなく、前年に収穫した野菜のこぼれた種からの成長した姿。

 

 

この時期でもまだ、つぼみも、花も咲いていない。

ただ、葉っぱが茂っただけで。

実を収穫するには、おそらくもう遅い。

収穫、販売ができなくては、農業としては失敗ではある。

 

確か、この近くで干したトウガラシ。

完全には赤くならず、完熟しない、色合い、見た目が悪かったので。

このあたりに、捨てたというか。

ほったらかしにしていたのが勝手に育った。

 

自分が数ヶ月間。

手を加え栽培して畑に植えてある株と比較しても。

見た目、大きさとしては、遜色がない。

 

そしてここは、畑ではなく。

荷物置き場。

それも、雨がほとんどあたらない、水分がない場所。

 

自生した作物を見ると、負けた気がする。

 

水やり、ほとんど水がなくても成長。

自生して成長した作物を見ると。

栽培方法が間違っているのでは?

敗北感、負けた気がする。

 

逆に、このことからの学び。

 

まだまだ自分の経験した無肥料、自然栽培の技術には、改善の余地。

ステップアップ。

さらに技術が向上する可能性を感じる。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。