バラの花を食品乾燥機で乾燥させてみた。ローズティーに使えるかも。

広告



バラの花を食品乾燥機で乾燥させてみた。

 

バラの花を乾燥させてみました。

 

 

バラの花。

観賞用、ドライフラワーになるのかな?

 

ドライフラワーとして商品化するには、もっと工夫が必要。

 

設定乾燥温度65℃で20時間程度。

約1日が経過。

出来たものがこれ。

 

 

鮮やかな花の色はなくなった。

 

バラの花自体が大きかったため。

乾燥機の容器、高さが足りず。

だから少し潰れた状態。

 

この場合は、もしかしたら、途中転がしながら乾燥させれば。

ある程度の形は保持できたのかもしれない。

 

そして、デリケート。

少し水で洗っただけ、流水をあてると花びらがとれてしまう。

 

 

バラの花を観賞用。

ドライフラワーとして商品とするには。

さらに工夫が必要。

 

やはり商品とするには、そう簡単にはいかない。

開ききった花より。

つぼみが少し開いた状態を乾燥させたら見た目はいいかも。

 

今回、食品乾燥機で乾燥させたバラの花。

使い道は決めずに。

とりあえず保管、汚れ防止のため、チャックつきのビニール袋へ。

 

観賞用のドライフラワーよりも、バラの花のティー。

 

袋に入れると、ほのかな花の香り。

生の花では、感じない。

これは、凝縮されたバラの香りなのかも。

 

バラの花は食用、観賞用の区別はないらしいし。

そして、挿し木でわりと簡単に増える。

挿し木したバラ。発根したので、ポットに移植。

 

観賞用のドライフラワーよりも、バラの花のティー。

形が多少崩れてもいい状態のお茶。

ローズティー向けにバラの栽培。

それを乾燥させるのが商品としては、いいかもね。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。