歩いていたら目の前にイノシシの子供、ウリ坊が!さすがにこれは、身の危険を感じる。

広告



目の前にイノシシの子供、ウリ坊が出没。

 

 

約1週間前に、同じ場所で遭遇したイノシシは、もう少し大きい個体。

夕方のこんなに明るい時間、畑の移動中に。イノシシが車の前に飛び出してきた。

この時は自分は、車の中で夕方。

 

近いうちに、こちらが無防備な状態でイノシシと遭遇してしまうのでは?

このおそれ、懸念が現実になった。

 

畑が荒らされることよりも、身の危険。

 

 

イノシシの防護柵で囲ってある畑が2ヶ所。

畑にワイヤーメッシュの防護柵。イノシシ対策は終わった。でも畑に侵入されるのは時間の問題かも。

対策をした畑を行き来するための農道はノーガード。

 

ハンマーナイフモアで、その道路と畑を草刈り。

 

 

燃料が切れたので、近くに停めてある軽トラック。

ガソリンの入った携行缶を取りに歩いていると。

目の前に子供のイノシシ、ウリ坊。

 

子供だけが単独で歩いていることはない。

親が、すぐそばに、いるはず。

これは、さすがに身の危険、ビビる。

 

この前見たイノシシ。

子供だと思っていたのは。

もしかしたら、あのサイズで親?

あの大きさで、子供を出産できるとしたら。

個体数は減るとか現状維持どころかまだ増えるのは確実。

 

そして、イノシシは、夜行性ではなく昼行性、という通り。

日中行動、うろうろしている。

今回見たのは、日中、昼間。

それも14時。

 

そのうち誰かが襲われるかもね。

 

車が一台通れるだけの通路。

両サイドは、見渡しの悪い、背の高い草、藪の中。

横から突然出てきたら。

 

とりあえず、口笛を。

人間がいることをアピールして歩きましたが。

効果があるのか?

 

人間がいるのをわかったら余計に襲ってくるかもしれないし。

今後、この道を通る時は、どう対策をすればいいのだろう?

ここを歩く人間は、自分以外にほとんどいない。

襲われるとすれば、おそらく私です。

 

町に、有害駆除は頼んであるのだけど。

 

狩猟免許を取得していても。

狩猟期間外のこの時期は、法律上、法定猟具は使えない。

 

城里町では、現行、捕獲を許可された有害駆除隊だけが頼り。

仕方がないけど、これは形式上だけ。

残念ながら、有害駆除隊だけに頼る獣害対策は。

数年間、ここで推移を見ていて、効果がない。

獣害は、増えていると思う。

広告