激辛とうがらし収穫。そして試食。激辛好きにもオススメしない辛さ!

広告



自然栽培の激辛とうがらしを収穫。そして試食。

 

この品種、激辛とうがらしは、本当に辛いのかな?

 

 

今シーズン初めて栽培した品種、そして採れたトウガラシ。

特徴がとにかく辛い、激辛!

「野口種苗研究所』さんで購入したタネ。

その名は、「げきからとうがらし」。

今シーズンの目玉商品の一つとして。「げきからトウガラシ。」

名前で売れそう。

 

 

この唐辛子、本当に辛いのかな?

 

ここ数年間、メインで育てている唐辛子。

品種は、八ツ房唐辛子。

唐辛子なのに、辛さがマイルド。

この唐辛子。そんなに辛くない、と思う。

 

だから、唐辛子をこの土地で育てると。

ここの畑の特性で、辛さが出ないのだと思っていた。

そして、唐辛子という野菜は。

辛味よりも爽快さを得るために使うもの、なのだろうという気がしていて。

 

実は、採ってから数日、食べるのを悩んでいた。

 

今シーズン初めて栽培、そして収穫した「激辛とうがらし」。

数日前に、タネの袋の説明の通り12センチほどに成長しているところ。

青い状態で1個収穫。

 

採れたのはいいけど、食べるのを保留にしていた。

自分は、辛い食べ物に強い方だと思うけど。

唐辛子の辛さ、そういえば数年前に埼玉県での畑。

青唐辛子を畑でかじって、相当ヤバかったのを瞬間的に頭をよぎり。

でも、辛くないと拍子抜け、面白くないし。

辛くても辛くなくても、食べた結果の怖さ。

 

誰かウチに来たら、辛さのサンプリング。

何気なく食べさせて、様子を見ようかと思ってた。

でも、誰も来なかったので結局、自分で味見、辛味テスト。

 

ほんの少しだけ。かけらを味見。

 

数ミリちぎって口に入れる。

まず喉に辛さ。

それからだんだん口の外側に広がる。

 

これ、相当辛い。

 

名前の通りの、激辛とうがらし。

辛いものが好きな人でも、数センチ。

ましてや、これ一本は食べられない。

普通の人は、病院送り。

 

なお、「唐辛子の辛い部分は、タネ」という常識は違う。

周りの青い部分がすでに辛い。

広告