マイクロトマトは今年も美味い。実が赤くなり始めました。

広告



マイクロトマトの自然栽培。

 

マイクロトマトの栽培。

昨年は、不作で収穫もほとんどなく。

昨年はタネの採種もできなかった。

残しておいたタネと自然発芽した苗から育てたもの。

 

今年栽培しているトマトは、先に赤くなり始めているボルゲーゼトマトと。

この、マイクロトマトの2品種。

 

例年通りマイクロトマトは、味が抜群にいい。

 

このマイクロトマトは、一粒の大きさが平均約1センチ。

食べた感じのボリューム感はない。

でも、その小さい一粒を口に入れて噛むと。

甘みと酸味のトマト感。

糖度は、かなり高いと思われる。

糖度計で測ってみたいのは、以前からのテーマ。

 

小さいから一般受けはしない、売りにくいかも。

 

販売商品としては、見た目のボリューム感にかけるのがこのトマトのデメリット。

 

でも、小さくてカワイイし。

サラダの彩り飾りとしても使える。

そして、小さくて甘いので、子供のおやつ、デザートに。

 

見た目の小ささと、こども向け。

このトマトには、「こどもトマト」という名前をつけたい。

勝手に名前をつけて売っていいのかな?

 

広告