作業を終えて、この写真を撮った数分後。畑の帰りにトラクターが動けなくなる。

広告



トラクターがスタック。また近所の人に、助けてもらいました。

 

先日作業をしたちょっと問題のある畑。

ハンマーナイフモアが畑に埋まる。さすがに今回は自力脱出はできず。近所の人が助けてくれた。

場所によっては、機械がぬまってしまうこと。

 

 

そして、もっと深刻、問題なのは、畑の出入り。

土の急な坂を下って、水路の橋を超えて畑へ。

戻るときはそれを逆に。

 

畑のは入り口はぬかるんでいて。

まずはそこがひとつの難関。

 

重心が重い機械は、ここでぬかるみにハマる。

バックで坂を下るのは怖くてできない。

この畑では、ハンマーナイフモアの使用、草刈り作業はやめた方がいい。

 

ハンマーナイフモアのレビュー。

 

その作業を終えてから数日が経った。

粉砕した草がある程度乾燥。

すでに草は伸び始めている。

除草作業の意味もあり、トラクターで耕起することにした。

 

トラクターで畑を耕起。

 

重量のある機械、トラクターで畑の土を鎮圧してしまうことは。

作物栽培する上では良くないのでは?

 

とはいえ草の管理、ハンマーナイフモアはここではもう使えない。

作物の生育に対してどうかというよりも、まずは畑の見た目。

作物の出来、不出来の良否よりも。

仕事をやっている田舎の評価は、草管理。

 

除草、畑の管理の効率化。

トラクターで耕起することにした。

 

これだけ暑ければ、耕起して浮いた草は枯れるだろう。

 

この暑さ。

土は、だいぶ乾燥している。

だから、それほどトラクターの重さも。

今なら土に悪影響を与えないはず。

根っこが浮いた草も、枯れる予想。

 

数日後、再度トラクターで耕起して。

復活、根付きそうな草も枯らして。

ほうれん草とか、ルッコラ。

ここで栽培してみよう。

 

春夏は、この畑は手に負えない。

だから、秋冬の葉物野菜に特化して、この畑を使うことにしよう。

 

 

トラクターで畑を耕起。

ある程度、機械の土や汚れを落として。

この写真を撮った数分後。

 

登りでトラクターがスタック。

 

作業がひと段落した油断か。

登りでトラクターがスタック。

もっと直線距離をとって助走をつければよかった。

 

使っていないとはいえ。

その場所は別の人の土地。

登る先も、人の畑。

 

ギリギリで曲がって登った。

 

そして、この登り。

機械の頭は軽いのでウイリーしてしまう。

なるべく重心を低くと思い。

耕起する機械部分の後ろを極力下げた。

それが地面に引っかかりスタック。

 

なんとかバックはできそうだったけど。

下手すると水路にハマって終わる。

どうしようかと思っていたら。

 

近所の人が、また助けてくれた。

自分のトラクターで来てくれて、ワイヤーで牽引。

 

今回で助けてもらったのは、2回目。

「お互い様だから。」

とはいわれたけど。

こちらは一方的に助けてもらっているだけ。

 

言葉では感謝の気持ちは伝えてはいるけど。

それだけでは何か足りない。

広告