販売する野菜のパッケージ、ビニール袋。デコってみることにする。

広告



野菜は袋に入れて売るほうが、商品として印象がいい。

 

野菜のパッケージング。袋に入れたほうが売れるだろう。そのテスト。

 

個人的な信条とは、少し反している野菜のパッケージング。

結果的にビニール袋は、ゴミになる。

 

まず最初は、野菜そのままでの、むき出しでの販売。

おそらくこれでは売れないはず。

でもやってみた。

外国のマルシェみたいにね。

 

 

結果は、全く売れなかったわけではなく。

たまたまそこに居合わせた、一瞬顔を合わせたことのある人。

自分がやっている栽培、活動に興味を持ってくれた人が、買ってくれました。

 

でもその後は、反応なし。

売れ残る。

 

自分がその売り場にいないのも、売れない理由の一つ。

でも、商品を置く場所に常駐することは無理。

委託販売のメリットとデメリットはある。

販売で、売れ残るのは仕方ない。

 

今度は、野菜専用のビニール袋に入れて直売所で販売しています。

 

パッケージングしてみると。

見た目が商品として見える。

ただの植物、野菜が。

売り物、商品としてランクアップ。

 

信条とは多少反していても。

正解はやはりこちら。

商品、売り物として感じてもらうこと。

 

見せるだけではなく、目的は売ること。

 

販売、栽培している野菜は、自分の作品。

でも、見せるだけではなく、目的は売ること。

 

直売所に展示しておいても。

芸術作品として評価されるわけではなく。

鮮度が落ちて劣化する。

 

販売、売る目的のためには、無駄は仕方ない。

今回、次回の作戦。

野菜をデコる。

 

そのひとつのアイディア。

パッケージ、ビニール袋にシールを貼ってみる。

 

 

普通の売られている野菜のパッケージは、無機質。

野菜をただ袋に入れる、梱包してあるだけ。

だから商品が置いてあるその場、空間も無機質。

 

商品を見てくれた人にも面白さが共有できれば。

 

貼るシールそのものにはメッセージや意味はないけど。

かわいい。

 

実用性だけではなくて。

遊び心や、そんな余裕もあったら面白い。

 

実はすでに。

こっそり仕掛けてきた。

商品やウチのコーナーを見てくれた人に。

面白さが共有できれば。

 

自分の商品なので、何をやっても自由。

売るため仕掛けを作ることや、アイディアを試せること。

これらも農業の魅力、おもしろさ。

広告



1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。