料理通信2019年7月号は、ヴィーガン特集です。

広告



料理通信2019年7月号を買いました。

 

created by Rinker
角川春樹事務所
¥1,027 (2020/09/30 04:45:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

2019年7月号の特集は、ヴィーガン料理。

 

みんなのヴィーガン。

 

 

私は、ヴィーガンではないけど。

 

雑誌で特集がされるくらい。

ヴィーガンという言葉だけではなく。

お店も増えて一般的になりつつある。

 

ヴィーガン料理は。

肉や魚、動物性の食材を使わない。

そのぶん、素材の活かし方など。

料理の参考になりそうな特集です。

 

そして、動物性の調味をしない、味をつけないため。

固定種を使った自然栽培。

味のする野菜は、ヴィーガンの人向けには相性がいいと思っている。

 

もちろんヴィーガン向けだけではなく。

無駄な調味がいらないため、健康志向の人にもオススメ。

 

連作、無肥料、無農薬、適地適作。自然農法の野菜が紹介されています。

 

ちょうど、このコーナー。

「未来に届けたい日本の食材」では。

自然農法の野菜が紹介されています。

 

 

このコーナーの話を読むと。

1982年から自然農法、連作、無肥料、無農薬の栽培を実践しているそうです。

 

「連作、無肥料、無農薬、適地適作。」

書いてあることと、自分の中のイメージは同じ。

数十年間自然農法で継続。

栽培されている実績があることを知ると。

 

自然栽培を実践して数年の私としては。

この栽培の考え方は、間違えていない。

たいへん心強いです。

 

なお、どんな栽培方法、農法であっても「農業とヴィーガン」は相反する。

農家のヴィーガンはいないはず。

 

created by Rinker
角川春樹事務所
¥1,027 (2020/09/30 04:45:23時点 Amazon調べ-詳細)

広告