定植して1ヶ月ほど経過したボルゲーゼトマトの様子。

広告



ボルゲーゼトマト。畑に定植してから約1ヶ月後の様子です。

 

 

トマトを定植、植えた場所の草をとって、少しきれいにした写真。

これはお客様用、よそ行き。

この写真以外のところは。

 

畑にミントが、勝手に生えてきた。

ミント以外の草にも覆われそうになっている。

とりあえず草に負けておらず無事に成長。

 

定植した1ヶ月前の様子。

ボルゲーゼトマトを畑に定植しました。

 

 

現在。

 

 

写真を見比べると。

大きさ、成長具合だけでなく。

葉や茎の色でも、健康に見える。

 

もう少しで花が咲きそうな状態。

支柱を立てなければいけない。

 

トマトの支柱。篠竹だと折れる。

 

トマトの支柱の素材。

今までは、自然物。

いらない草の篠竹を刈ったものを利用、使っていたのですが。

ウチはトマトを一本仕立てにせず。

わき芽も伸ばすので、篠では荷重に耐えられず折れる。

だから篠は使わないことにした。

 

トマトの栽培で、試してみたいのは。

棚、もしくは。

傘の骨のような。

タオル用?360度洗濯物を干す感じの形状の支柱を作って。

わき芽も上から吊る方法。

 

やってみたいことは、すぐにできるわけではなく。

次のテーマとして頭の片隅に置いておく。

まずは、目先の作業の取捨選択。

広告