ホンダピアンタFV200。点火プラグを無事交換。でもエンジンがかからない原因は別にあるらしい。

広告



ホンダピアンタFV200。点火プラグの交換はできました。

耕運機のエンジンがかからないので。

点火プラグを点検することに。

そこで問題が。

ホンダのピアンタ。FV200の点火プラグが、はずせない。

プラグを外す工具合うサイズがウチにはない。

そして、作業スペースが狭く。

作業、点火プラグを脱着できる工具の選定。

created by Rinker
エーモン(amon)
¥389 (2022/07/03 22:07:28時点 Amazon調べ-詳細)

当初はこれを買おうと思ったけど。

アマゾンでは、2000円以上まとめ買いの対象商品。

対象商品は、他に買うものがないので、これを最低5個買わなくてはいけない。

5個は、一生使わない 。

だから、他の商品を探す。

良さそうなのがこれ。

でも、ソケットの寸法的にギリギリかも。

失敗覚悟でプラグレンチ。工具を買ってみました。

「工具を貸してくれる」というありがたい申し出をいただいたのだけど。

これくらいの基本工具は。

人の仕事道具を借りるわけにはいかない。

失敗を覚悟で買う。

工具と交換部品が届く。

入手するとなんとなく。

明るい兆しを感じる。

点火プラグは、簡単に外れた。

実際は、ソケットはギリギリ入る。

でも、柄の部分までは入らない。

ソケットを回すのに、スパナを使う。

簡単に外れた。

煤けているけど。

この状態はどうなんだろう?

わからないけど。

とりあえず新品をつける。

created by Rinker
日本特殊陶業(NGK)
¥346 (2022/07/04 06:27:18時点 Amazon調べ-詳細)

点火プラグの交換はできた。でもエンジンはかからず。

プラグの交換、取り付けはできました。

でも結果、エンジンはかからず。

でも、自分でできた「点火プラグの交換作業」。

この程度なら、お金を払ってお店、人に頼む必要はない作業。

農機具はコンピュータが使われているわけではない。

おそらくシンプルな機構。

いくつか修理の経験ができれば。

農機具のメンテナンスや修理。

ある程度なら自分でできる、直せる気がする。

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。