固定種の人参。種をまく。

広告



人参の種をまきました。

 

まいた人参の品種は、春蒔五寸人参。

固定種の種。「野口種苗研究所』さんで買いました。

 

今まで野菜を栽培した経験上。

人参は、一番手間のかかる野菜。

発芽の難しさや、間引き。

草の管理。

 

気温、地温が上がり始めて雨も降り出した。

 

この時期にタネは、まける。

このタイミングだと思うけど。

栽培する量としては少しにする。

 

草の勢いが旺盛になるこれから。

手間のかかる細かい仕事はできるだけ避けたい。

その第一、栽培したくない作物が人参。

 

でも、野菜の代表格、レパートリーとしては欲しい。

本格的に栽培するなら春、今時期ではなく夏まきにする。

そういうわけで今回の種まきは少量。

 

種まきは、播種機のごんべえを使う。

 

 

created by Rinker
農業屋
¥48,400 (2020/02/23 01:58:03時点 Amazon調べ-詳細)

 

人参に関しては、播種機で種をまいた後に手で地面を鎮圧する作業。

 

播種機の種まきは。

手での作業より、確実に早く、疲れない、効率的。

 

人参の播種に関しては。

種をごんべえでまいたあとは、手で地面を鎮圧。

以前、楽をしようとして失敗した経験から。

これは、人参を発芽させる、発芽率をあげるために必要な作業だと思っている。

この地面を叩く、鎮圧する作業だけでも疲れる。

 

人参は、何でこんなに一般的に食べられて、安く出回っているのだろう?

広告



1 個のコメント

  • ”ごんべい”……、どっかで聞いた名前だ…。
    どっかの呑み屋だったなぁ…。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。