行者ニンニク。収穫時期か?分けつ、董立ちも始まる。

広告



行者ニンニクの栽培。

 

ここ城里町では。

行者ニンニクはうまく育たないという話。

数件聞きました。

 

とりあえず。

行者ニンニクが10センチくらいまで育ちました。

 

 

その後、現在。

 

 

葉の長さは20センチ程度。

茎を含めると30センチ弱。

 

調べると、おそらくこのサイズが標準。

収穫適期なのでは?

 

行者ニンニクは、茎ごと採ると。翌年、来年以降?は生えてこないらしい。

 

3枚の葉っぱのうち、1枚程度を収穫。

株に対して、この程度のダメージなら。

株を弱らせずに来年以降も活かせるのかもしれない。

 

数株の行者ニンニクが、董立ちし始める。

 

 

わかりにくい写真。

赤いところが、つぼみ。

 

もっと伸びているところは採った。

これを伸ばすと株が弱るのは確実なので。

写真は撮らず、反射的に、その場で味見。

 

葉ネギとか、そのほかのニンニクの花蕾と比較して。

そこまで味がいいかといえば疑問。

 

これは、行者ニンニク自体、葉っぱの部分に関しても。

実は、「行者ニンニクはそこまで美味しいのか?」と思っている。

 

収穫時期が段階的にずれるということは、大きなメリット。

 

他に植えてあるジャンボニンニクや葉ネギは。

まだ、董立ちしていないどころか。

収穫時期はまだこない。

 

収穫できる作物、品種が変わるとしても、作物を絶やさず、継続的に商品が供給できること。

仕事の作業、集中を防ぐことができること。

そして、行者ニンニクという希少性、ネームバリュー。

 

数種類の作物が段階的に収穫できるというのは大きなメリット。

 

行者ニンニクは、夏の暑さを耐えられるか?

 

現段階では商用として、赤字の作物。

でもレパートリー、狙いとしては間違ってはいないはず。

ここでは、うまく育たない可能性の大きい行者ニンニク。

どの段階でダメになるのか。

 

次のハードル、敵は、「夏の暑さ」かな。

広告