2年草のイタリアンパセリ。ここでは寒さで冬越しできず。枯れました。

広告



イタリアンパセリの自然栽培。

 

普通のパセリよりも味が軽くて、使い勝手がいいオススメのハーブがイタリアンパセリ。

 

でも、このイタリアンパセリ。

まだ一般家庭に普及、日常的に使われる野菜、ハーブではないし。

ハーブは、家庭で使うとしてもそんなに量はいらない。

 

ハーブが売れるとすれば、

一般家庭ではなく。

お店、飲食店。

それと、料理好きの人向けのキッチンハーブ。

使いたいときに少量収穫できる鉢植え。

収穫物としてではなく、苗、鉢植えを商品にする。

鉢で植物を育てる難易度が高いのは難点。

 

2年草のイタリアンパセリ。

 

 

昨年の春にまいたタネ。

育った苗。

その株は、この地域の寒さに耐えられなかったようです。

出来るだけ暖かい畑に植えておいたのだけど、枯れました。

 

暖かくなって新芽を収穫するつもりがかなわず。

防寒対策が必要。

 

耐寒させる方法。

その対策をどうするか?

保温資材の何が効果があるのか?

いくつか考え、候補はあっても自分でテスト。

結果は一年後か。

 

そういうわけで今シーズンも。

イタリアンパセリのタネをまいて育苗、栽培。

栽培する量を、だから植える本数を増やすつもりです。

 

イタリアンパセリを育てると、キアゲハがやってくる。

 

セリ科の植物には、キアゲハ。

蝶の幼虫が確実にやってくる。

虫による食害は、あります。

 

でも、虫捕りや。

薬を使って殺したりはしません。

放っておく。

 

これでも栽培、収穫は可能なことは実証済み。

少数だと虫に全滅させられるかもしれないけど。

幼虫が成虫になるから。

ある程度の本数があれば、植物は生き残る。

 

なお、このタネの入手先はこちら。

固定種の種の購入先。『たねの森』さん。

広告