美味しくないと評判のカボチャで。カボチャのポタージュを作ってみる。

広告



自然栽培、固定種のかぼちゃをポタージュにする。

 

このかぼちゃは、育てた数種類の中のひとつの品種。

 

 

残念ながら、美味しくないという評判。

この品種に限らず、全部評判が悪かった。

だから売るのはやめた。

 

固定種、自然栽培の野菜だからといって。

必ずしも美味しいとは限らないのかもしれない。

個性のある、味がする野菜だから。

 

でも、かぼちゃに関しては、個性が薄い。

穀物のような独特の香り。

味、甘みは薄い。

ホクホク感はない。

 

追熟させればと、数ヶ月間保存。

置いておいたのですが。

カボチャを試食、試作する。

追熟してもそこまで味に変化はなし。

 

栽培上のミス、美味しくない原因があったとすれば、収穫するタイミング。

カボチャを食い散らかす犯人イノシシに食べられる完熟する前。

ワザと早めに収穫したから。

 

そんな商品にならない、売れないカボチャが寒さでいたんできたので。

 

烏骨鶏の餌にしようとも思っていたのだけど。

まだ、飼育を始めるには時間がかかる。

烏骨鶏を飼う準備、小屋を建てる、柱さえまだできていない、手つかずの状態。

 

せっかく育った作物、捨てるよりは食べる。

 

今回はカボチャのポタージュ。

 

半分くらいに切って。

たねを取り除く。

もちろんこの種は、栽培に使う、自家採種。

 

 

このカボチャは、皮も中身も白い品種。

皮は切り落として、ある程度の大きさにカット。

 

 

マイクロプレインのグレーターですりおろした。

 

現在、塩と水で煮て、サーモスの保温調理器の中。

 

本当は、かたまりのまま煮て。

柔らかくしてからミキサーにかけたほうがいいのだろうけど。

 

ミキサーを使うのは面倒だから。

とりあえず細かくすり下ろしてから煮てみることにした。

滑らかになるかのテストの兼ねて。

 

仕上げる、食べるのは明日。

豆乳とギーで味をつける予定。

 

 

どうなるかな?

家の中にカボチャの香りがしてます。

 

created by Rinker
Microplane (マイクロプレイン)
¥3,850 (2019/11/14 18:35:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。