自然栽培農家がマーケティングを学ぶ。

広告



マーケティングを勉強中。

自然栽培農家は、まさにマーケティングを学ぶ必要がある。

自然栽培の農業として。

良い商品を作るのがまず第一条件。

そして、次は販売。

個人が満足した商品、野菜ができたとしても。

売れなければ趣味の世界。

今までこういった経済の勉強、マーケティング。

毛嫌い、だからそれが何かもわからずにいた。

一般的な農家さんたちとは違って。

流通、販売経路の少ない「自然栽培や有機栽培の野菜を育てる農家」。

「自身の信念をお客さんに直接伝えたい人」たちは。

まさにマーケティングを学ぶ必要がある。

マーケティングとは。売る、売れる仕組みを作ること。

自分も勘違いしていたマーケティングとセリング。

「対面的に売るセリングのノウハウ」ではなくて。

マーケティングとは、「継続的に売る戦略、仕組みを作ること」。

スペックではない商品の説明。相手にどうすれば伝わるのか?を考える。

マーケティングの本を数冊読むと。

実際のモノ、野菜を売ることと、ブログの運営の技術。

共通点が多い、似ていることに気づく。

『どうすれば、売れるのか?世界一かんたんな「売れるコンセプト」の見つけ方』。

自然栽培の農業としては、認知の前段階。

多くの人に、商品、現物を見せて。

頭ではなく、口にしての良さをわかってもらう。

ブログ運営に関しては、見直す。

今後、構成し直すことにする。

これは自分一人でできる、量や蓄積はある。

こういうことが考えられる。

考え始めているということは。

自己満足の作るだけから。

次のステージへ進んでいるという証拠。

方法は間違っているかもしれないけど。

方向性は正解。

ドリルが野菜だとすれば穴は?

マーケティングのよくいわれる例えが「ドリルを売るには穴を売れ」

ドリルが野菜だとすると。

穴はなんだろう?


  

広告