罠でイノシシ猟をはじめて1週間。結果捕獲は、ゼロですが。

広告



狩猟期間が解禁されてから1週間が経ちました。

 

初めての狩猟シーズン。

 

購入したくくり罠。

 

 

狩猟解禁の初日に。

4つのうち3つを設置することができました。

準備の不手際で、初日は一つだけでも、と思っていた罠の設置。

 

思っていたより設置に手間がかからなかった。

 

もともとイノシシが通りそう、かかりそうな場所に目星をつけていたことと。

罠を設置するため土に穴を掘る作業は、日常の農業作業と一緒。

いつもやっている作業なら慣れている。

 

4つのうち一つ設置できなかったのは。

くくり罠の部品、バネを止めるための超ネジを紛失してしまったせい。

 

直径15センチの枠内に脚を踏む箇所を狙う。

 

くくり罠をかけて、捕獲の確率はどのくらいなのだろうか?

イノシシが通るルートそれも直径15センチの枠内(ウチの場合は)に脚を踏む箇所を狙う。

現在のところ捕獲はゼロ。

そう簡単にはかからない。

 

でも、惜しいところで逃してる。

 

ここ1週間の結果は。

  • 罠を設置した翌日に、数センチの誤差で足跡、かすってる。
  • 別の場所、40センチくらいの距離で外した。
  • 罠をかけるかどうか迷って、結果かけなかった細工をしていた場所に限って、ピンポイントで踏んでる。

 

 

イノシシが行動しているルート。

活きたルートの見当には間違いないのだろう。

 

でも、この数センチの差で逃している結果は。

素人とベテランの差なのかもしれない。

 

設置した罠がイノシシにバレて避けられている。

怪しまれている形跡、様子ではないと思う。

狩猟は、動物との駆け引き。

面白さもやはりある。

 

 

捕獲と防御。

 

最悪、捕獲はできなくても。

一つ目の畑には防護柵の設置が終わりました。

 

畑の獣害対策としては、捕獲と防御の両面、同時進行が理想的。

広告