クギを打つ音がこだまする。鶏小屋製作。

広告



鶏小屋製作シリーズ。

 

まずは柱を4本立てるところまで。

前回、書いたこの記事。

かすがいで簡単に固定できると思ったのだけど。

そう簡単にはいきませんでした。

 

自然の丸木と丸木を、かすがいで止める。

 

これがなかなか難しい。

たぶん、これらが必要、コツ。

  1. 木材をきっちり固定すること。
  2. クギを打つ箇所、力が逃げないように。下にも硬いものをうまくあてこむ。

 

木がかなり固い。

 

この木、加工用の材木ではないからなのだろう。

大きいカナヅチで打っても刺さっていかない、かなり固い。

コの字型のかすがいが、だんだん。

ハの字に開いていってしまう。

 

材をかすがいで固定する作業。

数本打って少しは慣れた。

 

 

とはいっても、これだけでは全然強度は足りないし。

かなり下手くそ。

あとで、補強、すじかいも入れる必要がある。

 

市販、加工用の木材を少し使う必要があるのかな。

 

この時点ですでに。

イメージとは違う作業の感覚。

 

初心者が廃材だけで、オリジナルの小屋を建てるのは。

時間も限られているし。

難易度が高い。

作業効率の面でも。

市販、加工用の木材を少し使う必要があるのかも。

 

おまけに。

田舎ですが近所迷惑。

クギを打つごとにその音が。

山にこだまする。

 

できたのは。

まだここまで。

 

 

ブログに書くことで。

作業を進めなければいけない

自分にプレッシャーを与える。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。