アスパラガスの苗を植える。

広告



アスパラガスの苗を植えました。

 

アスパラガスのタネをまいたのは今年の5月。

 

種まき編。

発芽編。

 

 

ここ数日は、苗の定植作業。

 

だいぶいい加減な苗の管理をしていたにも関わらず。

 

想像していたようにアスパラガスは、強そうな作物。

これは、ポットに移植した苗。

ポット内で根っこが巻いている。

 

 

畑に植えるにはもっと早い時期の方がよかったのかな。

 

一方、ポットに移植せず。

本来は、播種するだけが目的の育苗箱に置いたままの苗は。

根っこがあまり伸びておらず。

茎の伸びも悪い。

この苗は、育苗用の土を取り除いて、根っこをむき出しにして植えています。

とりあえずこの時期、枯れそうもないから、水もやらない。

 

作物の成長、栽培に影響する一つの要素。

 

根っこの成長を阻害しないこと。

伸びる環境をうまく作ってあげる。

作物の成長、栽培に影響する一つの要素。

それを感じていながら。

 

ポットと育苗箱にそのままにしてあった苗の両方とも。

「根っこが自由に伸びる環境を作る」

この理論から外れている。

 

とりあえず全部植える。

この後それぞれの成長に、どの程度違いが出るのかも見守る。

 

種まきから収穫まで3年というこのアルジャントゥイユ。

うまくいけばあと2年半で商品になりますね。

もう半年経った。

 

created by Rinker
HORTUS社
¥486 (2019/11/15 06:13:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。