自然栽培のナスは。切り口が変色しないということで。

広告



自然栽培で育てたナスは、アクがない。

 

野菜に含まれるアクの正体。

一つは肥料分。

 

無肥料、自然栽培で育てたナスはそのエグミ。

アクがないため。

切っておいても断面が変色しないという。

 

うちで栽培している品種はえんぴつナス。

えんぴつナス。採れ始めました。

これから10日ほどが経って、採れたえんぴつナスを食べる。

 

 

切って数分の切り口がこれ。

 

本当は、このテストをする予定ではなく。

ナスを切った後、別の用事があって済ませた後。

だから切ってから5分ほどが経った。

 

そして、その約20分後。

 

 

変化なし。

 

タネのないところもこんな感じ。

 

 

食べるので料理したのがこちら。

 

 

多めの油で片面を強めに焼く。

ひっくり返してフタをして火を弱めて。

ナス自体の水分でトロっととさせる。

 

採り遅れの少し大きいナスでのテスト。

食べた感じタネも邪魔にならない。

株に負担がかからないようであれば。

このくらいのサイズでの収穫をしたい。

 

なお、同様の自然栽培、無肥料でも。

小ナスの状態では、強く触るだけで茶色く変色します。

小さいうちはデリケート。

 

ちなみに、焼かないで残した1時間後。

 

 

変化なし。

 

これをこのまま生で食べると、りんごのような香り、風味。

 

生の状態では、密度が少なく、食感が良くない。

ただし、加熱するとその香りは失われる。

 

ナスは、調理したほうがより美味しい。

 

生の状態の香りと、加熱でトロッとした食感。

この両方の良さを引き出せたら。

最高のナス料理が出来上がる。

広告