本のレビュー。『アグリビジネス進化論 』読みおわりました。

広告



『アグリビジネス進化論―新たな農業経営を拓いた7人のプロフェッショナル』

 

個人の農家の法人成りのメリットはあるのか?

 

売上10億円以上の農業法人経営の7社。

15項目を設定し、対談形式。

どのような経営をしているのか?

 

個人農家として法人成りが必要なのか?

 

個人農家として法人成り。

メリットや必要性、妥当性。

会社にするべきか?

これらを探るため。

その一つの資料、参考としての本。

 

 

読了。

 

法人成りは、時期尚早。

 

この売上10億円以上、大規模の農業法人。

農業法人として運営、経営していても。

『法人成りのメリットは、それほどない。』という大多数の結果。

やっぱりそうか、と思うと同時に。

 

自分がやるべきこと。

まずは、自然栽培のプレーヤーとして。

栽培だけでなく、商売、販売を成功させる。

個人事業として成り立たせること。

法人成りは目標ではなく手段の一つ。

 

栽培に注力したい。

 

個人農家の事業として軌道にのせる。

栽培に注力するには資金、お金が必要。

だから、それには社会的な信用=法人成りだと思っていた。

でも、必ずしもそうではないのかもしれない。

 

農業の法人成りは、とりあえず保留。

 

だとしても農業に専念するための資金を得るには社会的信用

堂々巡り。

 

農作業の経験や、実績はある程度積んだにしても。

その力を試す、発揮する土壌。

実際は、その基礎さえできていない。

 

広告