キュウリにウリハムシ。シンワ測定 デジタル土壌酸度計を買う。

広告



キュウリの栽培。

 

先週の木曜日に数本。

自家採種したキュウリ。

奥武蔵自這キュウリの苗を畑に植え付けました。

 

キュウリ、ウリ科の植物にはウリハムシ。

 

虫の不思議なところは、普段は畑にはいない。

苗、育苗の状態では健全なのに。

その植物を畑に植えると、途端に襲いにやってくる。

ウリハムシはその典型。

 

キュウリを植え付けた翌日。

ウリハムシがたかっていたので。

仕方がないけど。

全滅の可能性もあるかも。

覚悟はした。

 

ダメになったら種も、予備の苗も残っている。

こんシーズンはまだ始まったばかり。

育てるチャンスはまだある。

 

数日間、家を空けていて。

そしてこれが、本日のキュウリのようす。

 

 

苗、葉には、かなりのダメージはあるけど。

ウリハムシが一匹もいない。

なぜでしょう。

 

虫を見ると殺虫剤。

草を見ると除草剤。

豆腐をみると醤油。

本当にそれを使う必要があるのか?

 

去年も、この畑での栽培実績があるので。

 

わざと連作のテストも兼ねて。

キュウリの栽培に関しては、まあまあのスタート。

 

自然界では、なにが起こっているのだろう?

 

人間の目には見えなくても。

AIで解き明かされるときは来るかもしれない。

 

現時点では見えない、わからない何かを。

科学的というより、体感で解明、納得、探究したい。

数年間の経験上すでに常識外。

他の人、人間には見えない体験はしているはず。

 

個人的な興味として試しに。

土壌のPHが植物の栽培、生育と本当に整合性があるのか。

科学的根拠として、数値をはかってみることにした。

簡易的な測定器とはいえデータがとれたら面白い。

 

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。