ブルーベリーの花。咲きそうですね。

広告



ブルーベリーの栽培。

 

ピントがあいません。

スマホのカメラでは。

このブルーベリーは、花、つぼみが小さすぎる。

 

 

フィルムカメラ、フィルム時代では珍しいものではなかった。

失敗作。

写真の焦点があっていないピンぼけ。

 

ピンぼけ。

 

この『ピンぼけ』という言葉も。

そして、写真のフィルム、フィルムカメラも。

富士フィルムがモノクロフィルムが35ミリの生産、販売を終わらせたことにより。

消えていく。

 

今では焦点のあっていない、ブレていない写真。

逆に新鮮かもしれない。

 

現代、デジタルの時代は、キレイすぎ、カチッとしすぎていて。

アナログ的なノイズがない。

社会が不寛容になったのもこのせいか?

 

植物の栽培はアナログ。

野菜、植物を栽培することは不確定要素。

 

社会のデジタル化に対する個人的な精神のバランス。

アナログなものに関わってることにより。

これで均衡を保っているのかもしれない。

 

とはいえこのピントがあっていない写真は。

記録用の写真としては使えない。

 

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。