カタクリの花が開花しました。

広告



カタクリの花が咲きはじめました。

 

今の時期は、梅や桜の開花でSNSがにぎわっていますね。

 

この地域では桜といえば。

観賞用、景観、人工的に植えられたソメイヨシノではなく山桜。

 

山にところどころ咲いて見える。

これは自然の植生、樹木なのか?

もしかしたら山桜も人間が植えたものなのかも知れない。

 

都内では、桜の開花宣言が出たようです。

 

満開とはいかなくても。

実際に咲いているのを昨日見ました。

 

写真を撮る気にはならず。

飽きたというか。

桜が咲いたら。

みんなが揃って同じものを喜ぶ、共通意識や感覚。

同じ方向を向くこと、洗脳。

なんか怖い。

 

桜が列になって咲いていること。

植物自体は、もちろん綺麗に見えます。

 

 

桜、ソメイヨシノばかりではなく、身近に咲く花もきれいです。

 

自分が目立たない、小さい花や草にも目を向けるようにしているのは。

農作業、栽培時期にヒントがある可能性があるかもしれないから。

 

でも、自然と接点のない生活をしているたくさんの人たちも。

ちょっと他の身近な自然に目を向けると、もっとおもしろいこと。

視点が変わるかもしれません。

 

家の敷地内、庭にはカタクリが咲きました。

 

都内の桜の開花とほぼ同時期なのか?

庭にはカタクリが咲きました。

 

このカタクリは、決してきれいな花とは思えない。

花はムラサキ色。

葉っぱは、色が微妙。

すこし斑点のような模様。

 

でも片栗粉の原料。

 

ジャガイモのでんぷん質ではなく。

これ、「カタクリ』をどうにかすれば、本物のカタクリ粉が出来上がるはず。

とはいえ、さすがに本物のカタクリ粉作りやらない(と思う)。

 

カタクリ、この植物は、毒に見える。

 

 

まずこの植物を食べることが不思議。

見た目は。

食用、口にしたいとは思えない。

 

加工して利用することに成功した。

 

先人は、なんでこれを?

おそらく失敗や成功、時間をかけて。

『食べられるまでの工夫』をしたのだろう?

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。