苗を育てること。

広告



苗の育苗。

 

ハウス、トンネルなどをつかった施設栽培、または路地栽培。

いずれにしても、温度や水分、その他管理が大切、重要。

難易度が高い。

 

種をまいて発芽が増えてくるこれからが本番。育苗を失敗させる危険性、可能性も当然高くなる。

 

これをわかっていて、約1日家を開ける。

 

外出前に天気予報は、チェック。

今回は、晴れるので、土の乾燥により枯らすことがないように水やり。

これで問題なしと判断。

 

なぜか天気が急変。

 

先ほど帰宅。

車での帰宅途中、雷が。

ヒョウにも見舞われ、強い雨。

予報、予想外の天気、急変。

油断した。

 

 

失敗は覚悟していたのですが。

発芽していたレタスは無事でした。

 

これ以上、雨に打たれないように軒先に移動。

苗には過剰な力や水分、ダメージを与えたくない。

 

アクリル板を使ったハウス。

 

ガラスやビニールよりも強度があるアクリル。

高価なので屋根だけでも。

アクリル板を使った育苗用のハウス建てたいね。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。