笠間市『奥田製陶所』さんにて『第9回登り窯まつり』開催中!

広告



笠間市奥田製陶所さんにて『第9回登り窯まつり』開催中!

 

登り窯の燃料は。

電気やガスではなく、マキ。

 

マキで3日間、窯に火を入れ、燃やし続ける。

この時間、現在も窯の中の温度や炎の状況を見ながら。

人力で管理されている。

 

そして、各個人それぞれの思いの入っている作品たちが。

窯の中で焼かれて完成を待つ。

 

 

この最初の部屋は、数時間前に閉じられた。

 

今は、上部にある『次以降の部屋』の温度が管理されています。

 

登り窯。

 

いくつかある部屋を下から順番に焼いていく仕組み。

下から熱を加えて押す力、上昇する気流をうまく利用している。

 

3日間は見られない人のために。

 

 

昨年の登り窯まつりの様子、写真が展示されていますよ。

 

 

窯に火が入っている様子を直に見られるのはあと数時間。

 

最終日は、コンサートのイベントも行われます。

 

何でそこにいるのか?

自分が作ったもの、作品も入っていない。

でも、何故かそこにいる、見ている、感じているのは。

炎、火の暖かさだけではない。

 

すごいものを見て、感じている!という人たちの一体感?

火を見るという人間のプリミティブな感覚?

知らない人同士でも連帯感というか。

そんな雰囲気を味わう。

 

 

このタオルを貰ったことと。

あの場に立ち会えることがうれしい。

すごく特別なこと。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。