「固定種の種」は、ここで買えます。「野口種苗研究所」さん。

広告



「固定種のたね」の入手方法。

固定種のタネといえば野口種苗さん

有機栽培に興味がある、家庭菜園、野菜を育てるのが好きな人なら。

一度は「名前を聞いたことがある」はず。

created by Rinker
¥1,980 (2022/10/05 10:09:53時点 Amazon調べ-詳細)

「野口種苗研究所」さんの種を使うメリット。

「固定種の種を扱っているお店」は、数件ありますが。

まず「代表的なお店」が「野口種苗さん」。

お店の特徴は、とにかく品数が多い。

業務用として農家が使う場合。

種の購入数量を多くする、まとめ買いをすると割安になる。

そして、業務用だけでなく。

むしろ「家庭菜園用」向け。

野口さんも「固定種は家庭菜園に」と推奨をしています。

タネの鮮度、保管状態という意味でも安心。

ホームセンターなどでは無造作に。

そして年中。

店頭にタネ。

「タネの袋」。

商品が並べられていますが。

種は、「鮮度や保管状態」が大事。

採種され、発芽試験を経て新鮮、良い状態。

安心して購入ができる。

他の固定種の種を売っているお店に比べて。

ネットの注文、入力がしやすい。

自家採種を薦めている。

固定種を扱う数件の「種屋さん」だけでなく。

それを使う「農家」も共通した考え。

採り継がれた品種、その種を絶やしたくないという思い。

自家採種の必要性。

固定種、種を選ぶ注意点。

種が揃って買う時期が集中するので。

注文してから届くまで「時間がかかる」こともあるということ。

欲しい、必要な「タネが売り切れる」場合が多いので。

ホームページをチェック。

在庫があるうちに購入をしておいたほうがいいかもしれない。

そして、「種子消毒してある種」も売っている。

(これは表記されている)

嫌なら買わない、もしくは最初だけ我慢して自家採種。

数年前に一度、お店に直接買いに行ったことがあります。

お店には一度。

直接買いにいったことがあります。

そんなに大きくはない店舗。

雰囲気は普通に種屋さんでしたが。

見たことがない農業や種に関する書籍、本が目に入る。

そして、お茶をいただいた記憶。

とても「良心的なお店」。

講演会でのお話も聞いたことがある。

信頼ができる「タネ屋さん」です。

created by Rinker
¥1,980 (2022/10/05 10:09:53時点 Amazon調べ-詳細)

野口種苗,飯能,埼玉

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。