「プラスチック製の散水ノズル」が壊れたので。タカギの「タフギアメタルノズル」を購入。

広告



タカギの「タフギアメタルノズル」。

散水ホースのノズル。「冬場」はホースから外して「室内保管」が必要。

プラスチック製から買い替えた商品も。

冬場の寒さ、凍結が原因で「散水ノズルが破損する」。

「水漏れをする」可能性が大きい。

だから、「冬場」は。

「ノズル」をホースから外して「室内で保管」をおすすめ。

「長持ち」します。

春夏野菜のシーズン。種まき、育苗の準備を少しずつ始めています。

育苗に重要な苗への水やり。

ジョーロでは時間がかかるすぎるので。

水道からホースで散水。

水道を使える。

ホースで水やりができるというのは。

育苗するにあたって本当に大きなメリットです。

タカギ(takagi) 散水ノズル タフギアメタルノズル。

名前からして丈夫そうだし、2年保証ということ。

この製品。

タカギの散水ノズル。

「タフギアメタルノズル」を購入。

「千円以下の値段」で、「2年の長期保証」をするということは。

散水ノズルはもともと壊れやすいもの。

かなりの水圧がかかる。

購入してから「春から冬までの1年間」。

ほぼ毎日使って不具合、不満はない。

この値段でこの品質ならオススメ。

十分お買い得な製品。

冬期は保管場所に注意。水流切り替えの部分から水もれ。

寒い時期を越して。

翌年春先の育苗シーズン。

さすがに「タフギアメタルノズル」でも。

製品の注意書きの通り。

冬場の寒さ、凍結が原因。

寒い中、屋外に置いておくと。

「水流切り替えの部分から水もれ」をしてしまいました。

冬場はホースから外して、「室内で保管」することで「長持ち」します。

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。