茨城県城里町の鶏足山。赤沢富士から鶏足山そして幻の?鶏石まで。

広告



ビリーズマーケットのブログです。

 

昨日の茨城県城里町鶏足山に登ってきた。

この話の完結編。

 

赤沢富士から鶏足山。

 

鶏足山へ行くには赤沢富士を経由する。

ここまで大変な登りしかなく。

この先どうなるのか?

えっ!ここから?というくらいの。

人が一人通れるくらいの道。

先が見えません。

 

まあ行ってみる。

 


行ってみると、拍子抜け。

入り口だけ険しいふりのアトラクション。

そしてここからはなぜか。

平坦だったりアップダウンの歩きやすいハイキング。

 

もう、口笛だって吹けるくらい余裕。

曲は、ビリージョエルのアップタウンガール。

アップダウンとアップタウンが似てるから?なんだかこの曲。

車で聴いてたからかな。

 

 

それにしても駐車場がいっぱいだったのに。

人とほとんど会わないのはみんなどこへ行ったのだろう?

 

眼前に高い山。

 

余裕で歩いていたのに。

目の前に山が。

まさかあれが目的地?

登りきれるのか?

 

だから、山登りは事前準備が必要。

 

10数年前に買って、数年間履いていなかった靴。

登山靴のソールが剥がれた!

まず左足。

 

 

しばらくすると右足も。

とりあえず靴ひもをソールに回して固定。

最終的には完全に剥がれ、とれてしまったけど。

ソールがない、薄いほうが歩きやすいことがわかった。

実はこのブーツ歩きにくかったのです。

 

そのうち直してもらおう。

東京のリアット駒込店で。

リアット,駒込, 東京

鶏足山の山頂。

 

テクテク歩いていると、あれっ?

拍子抜けする。

ここが鶏足山の頂上。

楽にたどり着く。

 

そして。

この景色は別格。

ここまでは木の中の道をただひたすら歩くだけ。

山頂だけは、いきなり開けて。

180度、見渡せる。

 

これが登山の醍醐味?

 

おっ!

言葉に出して言ったか、言わないか、心の声か。

これが登山の醍醐味?

感動的。

 

苦しいところ、先が見えないところからの天国のような光景。

近くには、ここより高い山がない。

下界を見下ろす神の気持ち。

 

でも、おでん屋さんはない。

 

この山頂。

おでん屋さんも山小屋もない。

予想、期待と違って狭い。

100人いたら大丈夫じゃない。

初日の出を観に、写真を撮りに来るひとがいるらしいけど。

鶏足山の山頂は。

10人くらいが限界じゃないかな。

 

鶏石へ。

 

景色は抜群だけど。

ここでじっとしているわけにはいかない。

目的地へは到達したけど欲が出る。

鶏石を見に行こう。

今度は下りで、すこし急。

途中、この山で一番怖いスポット。

この景色をみると改めて山、高所にいることを感じる。

これが鶏石。

 

そして、来た道を帰る。

 

帰りに感じる山の木の根の階段。

歩きやすいけど。

これを踏みつけていいのかな。

 

無事に帰る。

 

靴のトラブルはあったけど。

普通に登って帰ってきました。

 

山に登るおもしろさ。

 

みんな、何のために山に行くのか。

健康、体力作り?

面白いのかなという疑問。

今回、鶏足山に登った理由の多くが、それを感じるため。

山にのぼってみようかな。と急に思う。

結果わからず。

 

体力は維持、増進できる。

一般的な生活、動きよりも鍛錬になるのは確実。

でも、どちらかといえば精神的な面。

哲学的な側面を強く感じる。

だから、登山したいか?

そう聞かれたら。

いまは結構です。

擬似的鍛錬よりも現実。

こちらのほうが厳しい。

友達をが遊びに来て。

ワイワイ山に登る。

これならありかな。

keisokusan,shirosato, ibaraki

広告



2 件のコメント

  • 私も先日、榛名山へ行きました。自然を身体で感じ、他の登山客と挨拶を交わしながら、山頂で達成感に浸ると、優しい気持ちになりました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。