「退屈なことはPythonにやらせよう 第2版 ―ノンプログラマーにもできる自動化処理プログラミング」。

広告



Pythonの基礎。教科書として持っておきたい一冊。

Pythonで業務自動化、効率化。

累計9万部突破したというプログラミング、Pythonの本。

「退屈なことはPythonにやらせよう」の「第2版」。

2023年3月初版が発売されています。

退屈なことはPythonにやらせよう 第2版 ―ノンプログラマーにもできる自動化処理プログラミング」。

created by Rinker
オライリー・ジャパン
¥4,290 (2024/05/18 05:06:16時点 Amazon調べ-詳細)

まったくのプログラミング初心者が読むような。

とっつきやすい最初の本としてではないとしても。

基礎は充実していて教科書、辞書的な意味合い。

かなりのボリューム。

値段もそれなりに高額な「4,290円」です。

とはいえ「Pythonを使った自動処理」において。

ここまで詳しい本。

そして。

「GoogleスプレッドシートとPythonの連携、自動化」について書いてある本は。

他にみつからない。

実現、最適化したい草刈り作業。

この「本の表紙」は「ロボットが草刈り機を使っている」絵。

単純作業は自動化。

農業の効率化。

まさに実現、最適化したいことが草刈り作業。

「草刈り作業の自動化」に関しては。

「Pythonを学んで数年経過」した現在でも。

「Pythonでどうやって実現、具現化ができるのか?」の正解。

残念ながら「ヒントすらみえてこない」という現実。

ただ「自分がスムーズにコードを書けるか?」は別としても。

「Pythonを使って何ができるのか?」。

「プログラミングで解決、自動化、効率化できる課題」。

「現実問題とのマッチング」は「イメージ」ができ始めている。

直接的ではないとしても。

農業、田舎、人口減少への「課題解決」に。

「プログラミングの知識」は必要です。

created by Rinker
オライリー・ジャパン
¥4,290 (2024/05/18 05:06:16時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。