車のバッテリー上がりのトラブルにモバイルジャンプスターター。

広告



「クルマのエンジンを切った状態」で「ライトをつけっぱなし」にしたのでバッテリーが上がってしまいました。

畑作業。

軽トラックで移動するときには。

モバイルのジャンプスターターを常備することにしました。 

「ライトの消し忘れ」。畑で、軽トラックのエンジンがかからなくなるトラブル。

なんとなく薄暗い夕方。

ライトをつけて走ったあとに消すのを忘れた。

2時間ほど「草刈りの作業」をして。

少し暗くなったときに。

「クルマのライトが付いている」のに気付いて。

エンジンをかけた時点ではすでに遅かった。

セルが回らない。

クルマ屋さんは営業時間を終えた時間。

仕方がないので軽トラックは畑に放置。

歩いて帰るしかない。

家まで歩いて帰れる距離ならいいけど。

これがもし「数十キロ離れた畑」。

そして「クルマ屋さんが休日」で「助けを呼べない状況」だとしたらと想像すると。

「電源、コンセント」がある家の敷地内でなら「充電器でチャージ」はできるとしても。

都会とは違い、離れた場所。

田舎では恐ろしいことになる。

田舎では特にクルマの「バッテリートラブルの対策」が必要。

もともと必要性があることはわかっていたけど。

「モバイルのジャンプスターターを常備」するのが安心だと判断。

購入しました。

「YaberAuto ジャンプスターター 26800mAh YA40」。

購入したのはこの製品。

YaberAuto ジャンプスターター 26800mAh YA40」。

箱を開封した状態ではバッテリー残量は77%。

ゼロからの「フル充電は6時間」かかるとのこと。

「2年の保証」と「日本語表記のマニュアル」付き。

「クルマ、トラクター」の「バッテリートラブル」だけではなく。

iPhoneをポケットに入れて畑作業をしていると。

意図せずカメラが作動していたり。

急に充電がなくなるときがある。

「スマホやタブレット端末」にも使えるモバイルバッテリー。

「USB1」と「USB2」の出力端子。

バッテリーに充電するためには「USB-C」の入力端子。

この「ジャンプスターター、モバイルバッテリー」は。

クルマのバッテリートラブルの「緊急用」としてだけでなく。

畑作業、「農業の必須アイテム」。

日常の安心材料として機能する。

なお。

クルマの「ライトの消し忘れの対策」。

「バッテリートラブルの予防」にブザーでアラートしてくれるアイテム。

created by Rinker
ノーブランド品
¥4,680 (2024/04/24 13:00:03時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。