2023年「梅が豊作」です。

広告



過去見たことがないほど「梅の実が鈴生り」の状況。

梅の収穫は微妙に早い気がする。2023年6月6日。

「状況確認」と。

場合によっては本格的に「収穫」をする予定で。

「梅の畑」へ作業に行く。

まったくといっていいほど実が収穫できなかった「前年」。

それ以前「5年間の傾向」を見ても。

今年2023年は「見たことがない」畑の様子。

約40本すべての「梅の木に実がついている」おかげで。

わからなかったことが解決、納得。

毎年「花が咲くのが早い木」が数本あって。

原因はおそらく「品種の違い」。

小梅よりは大きいけど。

「実が小さい梅」らしい。

そして剪定したときに想定していたよりも。

地面スレスレまで。

枝も実の重さで垂れ下がる木もあるので。

次回の剪定作業では。

地面に近い枝はできるだけ切り落とす予定。

近所の雰囲気では。

「梅落とし、梅もぎり」の時期。

収穫して「お店に出荷、販売」をする予定だっただけど。

本格的な収穫は微妙に早い。

「小梅に黄色がかった実がついている」のと「感覚」。

今回は、「いいサイズの実」を。

まずはサンプルで数キロを収穫。

ちょこっとから楽しむ はじめての梅仕事 (料理とお菓子)」を参考に。

「梅仕事」をテスト。

created by Rinker
山と渓谷社
¥1,760 (2023/12/04 23:16:30時点 Amazon調べ-詳細)

青梅を「凍らせて」から氷砂糖と「1対1の分量」で。

梅シロップを仕込みました。

凍らせると「アク抜きの必要がなくて」。

「発酵もすくない」ということです。

おそらく「エキスも出やすい」。

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。