「マンガでわかる管理会計 はじめてでもわかる儲けのからくり」。

広告



会計管理の考え方で創業、事業計画を策定。

社内的な数字での判断材料。意思決定をするための会計管理。

「過疎地、田舎」で商品を売る。

必要な売上を上げてお店を存続させるためにはどうしたらいいのか?

会社の数字といえば。

対外的な決算資料、財務諸表が有名。

一方で「会計管理」は。

「社内での戦略」。

「意思決定」や「判断」をする上で必要な知識。

創業に向けて「感覚で数字」。

「事業計画を作っていた」ところ。

「会計管理」という学問、知識を知ったので。

まずはマンガで勉強。

created by Rinker
オーム社
¥2,200 (2024/05/22 03:58:02時点 Amazon調べ-詳細)

「損益分岐点」。

「損益計算書」など。

詳しい説明。

言語化はできないけど。

なんとなく知っていたことや。

まったく頭になかった「キャッシュのもつ時間的価値」など。

起業をするなら。

読んでおいて損はないマンガの本。

なお、計算内容、式がわかれば。

「紙」で事業計画を作るよりも。

「表計算ソフト」を使えば。

「事業計画策定や分析」が便利になります。

Pythonでできないか?と思って探していたのですが。

とりあえず表計算のソフト「Googleスプレッドシート」が簡単なので。

「Googleスプレッドシート」で「独自のシート」を作りました。

created by Rinker
オーム社
¥2,200 (2024/05/22 03:58:02時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。