「日本マクドナルド 「挑戦と変革」の経営: “スマイル”と共に歩んだ50年」。

広告



飲食店に限らず「経営者が読むべき1冊」。

いままで読んだビジネス書のなかでナンバーワンの内容。

日本マクドナルド 「挑戦と変革」の経営: “スマイル”と共に歩んだ50年」。

一気読みしました。

created by Rinker
東洋経済新報社
¥1,760 (2024/04/12 21:33:26時点 Amazon調べ-詳細)

本を読みながら「時代の懐かしさ」を感じる。

2021年に創業50年を迎えた「日本マクドナルド」。

企業の成功と苦悩。

外食産業の歴史書としてだけではなく。

時代の移り変わり。

生活スタイルの変化。

本を読みながら「時代の懐かしさ」を感じる。

そして「銀座の歩行者天国」。

「傘付きの机椅子が並んだ光景」が。

自分が記憶している「初マクドナルド」。

毎日のお昼に「マックに通っていた時期」もあったけど。

大量生産の食べ物に対して。

「違和感を感じていた」のも事実。

そして「これから頻繁に通うか?」は別として。

マクドナルドという企業に対して「勉強不足、誤解をしていた」。

「人材育成」や「食の安全」に対する取り組みなど。

「飲食店の基本」だけでなく。

ほかの業種でも「経営の参考」になるはず。

created by Rinker
東洋経済新報社
¥1,760 (2024/04/12 21:33:26時点 Amazon調べ-詳細)

本の紐。

しおりが「マックの黄色」。

10年以上ぶりに。

マックの「ハッシュドポテト」。

もらったので食べてみました。

香りは昔と変わっていない印象。

個人的には「塩味が濃い味」で「強すぎる」。

でも「一般的」には。

「濃いくらいの味」が「好まれる」のかもしれない。

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。