「レタス」は「水耕栽培で育てたい」ので「水槽ヒーター」を選定。

広告



山の水を使って。水耕栽培キット内に水を循環させる予定。

2023年は「水耕栽培のテスト」。稼働ができそうです。

組み立ては済んでいて。

でも使っていなかった

水を循環させる「ポンプ付き」の「水耕栽培キット」。

水耕栽培で、ほかに「必要なもの」は。

水温を保つための「水中ヒーター」。

「水中ヒーター」の準備ができなかった。

でも2023年は「水耕栽培のテスト」。

稼働ができそうです。

このキット「【2021改良版 業界最新】 水耕栽培キット 4層16パイプ 144穴 室内と庭園栽培器 育成システム 家庭菜園 土不要 野菜・果物・花など植物を育てる 日本語取扱説明書付き」。

キット内で循環させる水量は「30リットル」。

「17℃の水温」に設定をしたい。

「目的の17℃」に対して。

外気の水温は「マイナス5℃」と仮定。

「水温の温度差」は「22℃」。

この「水槽ヒーターメーカー」の説明。

Kaiyopop 小型水槽 ヒーター ミニヒーター アクアリウム 水中 ヒーター熱帯魚 金魚 カメ 水槽 用 ベタ サーモスタット 周波数変換加熱する LED 水温 温度調節 故障ブザー 防爆 過熱保護 海水 淡水 (100W) 20cm 30cm 45cm 60cm」。

機種の選定、計算式によると。

0.156W*22℃*30Lで。

ワット数は「100Wのヒーターが必要」になるという結果。

「水温も表示される」ので。

このメーカーの商品でよさそうです。

そして「飼育した魚」の水を循環させて「作物を育てる」。

「アクアポニックス」が「水耕栽培の目標地点」。

「水質測定、検査用のキット」はすでに持っています。

created by Rinker
AQUAPONICS (アクアポニックス)
¥9,100 (2024/02/23 03:09:58時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。