「醸造用、ワイン用」の「ブドウ栽培」は再挑戦。

広告



「ワイン用のブドウ栽培」に関する本を「2冊購入」。

「挑戦」をして「失敗」の「繰り返し」。

ホームセンターで「カベルネ・ソーヴィニヨンの苗木」を入手しました。

1本だけですが。

ホームセンターで「カベルネ・ソーヴィニヨンの苗木」を入手。

数年前に「畑に植えた2品種」。

「甲州」と「シャルドネ」は全滅状態。

「日当たり条件の悪い畑」。

「管理、技術」の未熟さ「人的な問題」と。

1ヶ月間、雨が降り続いたハズレの「気象条件」。

「ブドウの苗木」を。

「ブドウだけ」ではなく「さまざまな作物」を

ほぼ「全滅させた失敗経験」があるので。

慎重になる。

とはいえ「1本ではテストにもならない」のだけど。

予算、状況的には仕方がない。

何もやらないよりはマシ。

同条件で植えたブドウの苗木。

「管理、成長はよくない」とはいえ。

「数本」が「畑以外の場所」。

「実はなっていない」としても。

かろうじて「生き残っている」のは。

希望が残っている現実。

「日本における醸造用ブドウ栽培」に適した「産地」。

「日本における醸造用ブドウ栽培」の「経緯、歴史」。

「ワイン醸造用ブドウ用」の「適地」が選定され始めた。

「おおよそわかった」と「YouTubeの動画」。

「イタリアンのシェフ」が話していました。

「日本における醸造用ブドウ栽培」に適した「産地」は「3つの都道府県」。

「北海道」、「長野県」と「山梨県」。

残念ながら。

「茨城県」は「含まれていません」でしたが。

茨城県は「海沿い、山間部」。

「場所によって気候が全く違う」ので。

created by Rinker
¥1,485 (2024/05/22 01:23:27時点 Amazon調べ-詳細)

「県」という「くくり」。

「概念」では。

「産地」としては「茨城県は適地ではない」かもしれない。

「外国」の「ワイン用のブドウ栽培」は「大規模」。

「外国産のワインの価格」はかなり安い。

「売り負ける可能性」はある。

「大量生産は無理な地形、土地」。

日照条件もいいとはいえない。

でも「ピンポイント」で「日本で飲める良質なワイン」。

「醸造用ブドウの栽培」。

原料が「ここで、自分が栽培できる」気がする。

次に同じ失敗をしないように。

「醸造用ブドウの栽培」の「基本」を学びながら「応用」も考えます。

参考書として「2冊購入」をしました。

created by Rinker
¥2,640 (2024/05/22 01:23:28時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。