キウイの追熟剤「熟れごろ」を使って「渋柿のシブを抜くテスト」。

広告



キウイの追熟剤「熟れごろ」を使った応用。

「エチレン」で「シブを抜く」方法を試してみました。

作物の成長ホルモン「エチレン」を発生させるアイテム。

キウイの追熟剤「熟れごろ」。

今シーズンは収穫した「キウイの追熟」に。

本格的に活躍しそうなので。

リピート購入。

昨年は売り切れていたので早めにゲットしておきます。

created by Rinker
葡萄館
¥1,150 (2024/05/21 22:42:31時点 Amazon調べ-詳細)

そのままでは食べられない渋柿。

キウイの追熟剤。

「エチレン」で「渋柿を熟させる」ことによって。

「シブを抜く」方法を試してみました。

渋柿の渋がぬけているか?は未確認。見た目が全然違います。

同じ日に収穫した柿の比較。

コンテナにいれて保存しておいたもの。

まだ固く色も浅い。

一方「熟れごろ」で「追熟させたもの」は。

色が深くなって。

触るとすでにブヨブヨ。

熟しすぎた感じがある。

渋柿に「熟れごろ」を使うと「熟す期間が短い」。

「早く熟す」ということはわかりました。

「もともと渋柿」だとわかっているので。

シブを口にしたくない。

「食べたくない」という感情、本能もあって。

まだ「味見をしていない」。

そういうわけで。

「渋が抜けているか?」。

一番大事な「結果」は未確認。

created by Rinker
葡萄館
¥1,150 (2024/05/21 22:42:31時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。