「フードプロセッサー」を使って「フォカッチャ作り」。

広告



オーブンの天板いっぱいで焼きました。

「形や大きさ」はいつも違うけど。毎回美味しい。

数回試している「フォカッチャ作り」。

焼いてもすぐ食べ終えてしまうので。

今回はかなり大きめ。

「400gの強力粉」を使って。

オーブンの天板に生地を伸ばして焼くことにしました。

焼き上がり。

ハーブなどは入れずプレーンなタイプ。

使う材料は大体いつも同じ。

粉の種類を気分で変えたり。

量はわりとラフ。

おおよそで作る。

それでもじゅうぶん美味しくできます。

ほとんど機械任せでできあがる。

生地をあわせる、まとめるのは「フードプロセッサー」。

多少まわりに「粉が飛ぶ」程度で。

ほとんど「手やキッチンは汚れない」上に「簡単料理」。

今回は「400gの粉」。

一度ではうちのフードプロセッサーは回らないので。

2回に分けて回して生地を合わせた。

30分くらい寝かせて1次発酵が終わったあとの生地。

手でこねる作業は「約3分」。

そのあと2次発酵を終えて焼く。

ほとんど機械任せでできあがる。

オーブンの天板1枚分。

40、20センチ程度を狙って作ったけど。

もう少し粉、100g程度増やしてもよさそう。

今回は薄めの1センチくらいの厚さ。

いつもは「予熱したオーブン」で「180℃」だけど。

今回は香ばしさを加えてみたかったので。

「予熱した200℃」で設定して焼いてみました。

使う「材料はシンプル」だし。

ほどんど「機械任せの作業」なので「失敗する要素がない」。

今回も美味しいです。

created by Rinker
TOSHIBA(東芝)
¥36,280 (2024/02/22 06:16:30時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。